2020年08月24日

ポイ活について


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


入江会計事務所 米田です。


今、巷で「ポイ活」が話題になっているようです。

いってしまえばポイントを貯める、お得に使うことの総称のようです。

言葉自体は耳にしていたのですが、
具体的にどういうものかのイメージがついていませんでした。

先日、テレビでも取り上げられており、
なんと家を買った人までいるようで、非常に驚きました!

特に若い世代を中心にポイントを使った
株式投資がひろがっているようです。

理由としては、

・現金よりも抵抗感が少ない
・一株から購入できるため少額からでも株式投資が可能

という点が挙げられており、
今、証券会社などが様々なサービスを展開している状況です。

中でも、SBIが提供しているネオモバでは
Tポイントが使えるという点で注目を集めています。

また、取引手数料も月間の取引額が50万円以下であれば
月額220円で取引し放題と、もともと定額に設定されてます。

さらにネオモバ利用者に、毎月Tポイントが200ポイント付与されるるため
なんと実質20円で取引が可能となります。

ポイント投資の場合、少額での取り扱いがメインのため
中にはリターンよりも手数料が大きくなってしまうこともあるそうで
手数料が安いことは大きなメリットのようです。

このように株式投資の間口が広がってきていることもあり
今まで投資にあまり馴染みがないと言われている日本人ですが
投資家が増えていくことも予測されているようです。

今後、ポイ活やポイント投資家が新たな常識になっていきそうな気がします。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 米田 at 18:00 | Comment(0) | 日記

2020年07月21日

港区あっせん融資


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


本日は港区の【特別融資あっせん】についてご紹介させて頂きます。


こちらの制度については、新型コロナウイルス感染症で経営に苦しむ
中小企業者を支援しようと港区が独自に新設した制度になります。


あっせん金額は500万円以内で、資金使途は運転資金として、
利子については区が全額負担し、信用保証料についても
区が全額補助してくれます。


対象者については、以下の条件を全て満たす法人及び個人となっております。
@ 新型コロナウイルス感染症の影響で最近1か月の売上高が前年同月比で
  10%以上減少していること

A 資本金1千万円以下又は、従業員100人(小売、卸売、サービスは30人)以下

B 港区内に1年以上本店登記と本店での事業の実態があり、かつ同一事業を
  1年以上営んでいる法人
  又は
  港区内で1年以上、同一事業を営んでいる個人

C 東京信用保証協会の保証対象業種を営んでいること

D 港区に納期を到来している特別区民税・都民税を完納していること


港区内で事業を営んでいる中小企業者様はぜひご活用ください。
https://www.city.minato.tokyo.jp/keieisoudan/tokubetuyuusi.html



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 08:48 | Comment(0) | 日記

2020年06月17日

非対面型サービス導入費用


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


新型コロナウイルス感染症対策として東京都が新たな助成金として
「非対面型サービス導入支援」を発表しましたので、ご紹介させて頂きます。


助成金の内容としましては、今まで行っていた対面型のサービスを
非対面型のサービスに切り替える場合に、その導入費用の一部を
助成してもらえるものになっております。


助成対象者は、東京都内に登記簿上の本店又は支店を有し、対面型の事業を
実質的に行っている中小企業者となっております。


助成対象経費は、非対面型サービス導入費用となっており、
下記の経費が挙げられております。

・備品購入費
※1点当たり10万円(税抜)以上のもの

・備品リース費
※(例)学習塾のオンライン配信授業に必要な機器など

・委託、外注費
※(例)新規にECサイトを開設する際の委託費用など

・販売促進費
※助成減額額50万円。販売促進費のみの申請は不可。


助成限度額は200万円で、助成率は助成対象経費の3分の2となっております。


受付期間が令和2年7月31日までとなっておりますので、東京都内の事業者様で
ご興味がある方はお早めにご対応ください。
( https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/hitaimen.html )



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 08:17 | Comment(0) | 日記

2020年05月23日

感染拡大防止協力金 2次申請


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


5月4日に緊急事態宣言が延長され、それと同時に小池都知事が
「感染拡大防止協力金」の追加支給を発表しました。


それから2週間が経過し、その間、感染拡大防止協力金のサイトを
何度か訪れましたが、追加支給の申請に関する情報は見当たらず…


いつから追加分の申請受付が始まるのかと気にしていたところ、
昨日やっと6月17日から受付開始と発表されました。


いつから開始されるのかと気にされていた事業者様も多かったことと思います。


追加支給分の申請については、1回目を申請している場合には

簡素化される予定になっているようです。


1回目の申請をされていない方については、1回目と同じ書類を提出することになるようです。


あわせて1回目の申請の支給状況の発表もありましたが、19日時点で申請件数が9万件あり、
そのうち支給が完了したのは3%とのことです。


色々な問題に対処しながらの対応なので、迅速に対応というのは中々難しい部分はあるのかもしれませんが、
事業者様にとっては死活問題であったりしますので何とか早急に対応して頂けることを願うばかりです。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 18:42 | Comment(0) | 日記

2020年04月24日

コロナ支援策について


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


新型コロナウイルス感染症が世の中で猛威を振るう中、
政府が日本の企業を守ろうと次々に支援策を打ち出しています。


ただし色々な支援策が打ち出されている状況のため、
中々全ての情報を網羅することは難しいことと思います。


そのような中、経済産業省の方でコロナ支援策の一覧をまとめている資料を
見つけましたので、ご紹介させて頂きます。


経営相談の窓口、資金繰り支援、給付金に関する情報だけでなく、
納税や社会保険料の支払、公共料金の支払に関する情報に関しても
まとめられています。


また、新たな情報については随時更新されているようで、
更新された情報については新着情報というページにまとめられています。


このような状況下のため正しい情報をいかに早く得られるかが大事になってくると思います。
下記のリンクから閲覧できますので、ぜひご活用ください。

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 08:00 | Comment(0) | 日記

2020年03月27日

市場開拓助成事業


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


本日は東京都中小企業振興公社が実施している助成事業の1つである
【市場開拓助成事業】をご紹介させて頂きます。


こちらの助成事業は、一定の要件を満たした自社の技術・サービス・製品等を

販路開拓のために展示会等に出展する場合に、その出展にかかる経費の一部を

助成して頂ける制度となっております。



一定の要件を満たした自社の技術・サービス・製品等については、

下記の2点になります。

@ 都内の中小企業等が東京都及び公社の事業において一定の評価、認定、支援等により

  開発、改良、販路拡大を実施した自社の製品・サービス等

A 東京都が抱える都市課題を解決するために示した「イノベーションマップ」に該当する

  自社の技術・製品等


助成対象経費については、展示会等への出展小間料や出展に付随する経費、出展を告知するための

新聞・雑誌等による広告費の一部が対象になっております。


助成率は、対象経費の1/2で、助成限度額は300万円になっております。


申請期間については、令和2年2月17日〜令和2年4月6日までとなっております。


この助成事業に興味持った方については、説明会も実施されているようですので、

そちらもご活用頂ければと思います。


https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/shijo.html



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 08:00 | Comment(0) | 日記

2020年03月23日

小規模事業者持続化補助金


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


毎年恒例の【小規模事業者持続化補助金】の公募が始まりましたので、
ご紹介させて頂きます。


こちらの補助金については、事業者が取り組む販路開拓に係る費用の
一部を補助して頂ける制度となっております。


補助対象者は、業種ごとに設定されている従業員数を満たす小規模事業者であること。
(詳細は公募要領をご確認ください。)


補助対象経費は、販路開拓等(生産性向上)のための取組に係る費用となっており、
補助率は補助対象経費の2/3で、補助限度額は50万円となっております。


今年度から変わった点につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている
事業者について加点対象となる点と受付回数が4回に増えた点になります。


4回の受付期限については、すでに設定されており、下記の通りとなっております。


第1回受付期限:2020年3月31日(火)
第2回受付期限:2020年6月5日(金)
第3回受付期限:2020年10月2日(金)
第4回受付期限:2021年2月5日(金)


これから新たな取り組みを考えている事業者様につきましては、ぜひご活用ください。
https://r1.jizokukahojokin.info/



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 18:14 | Comment(0) | 日記

2020年02月20日

寡婦(夫)控除の税制改正


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


こんにちは。

税理士法人 入江会計事務所の丹澤です。

令和2年度税制改正大綱にて、寡婦(夫)控除の取り扱いが変更となるそうです。

今までの寡婦(夫)控除から、以下の点が見直されました。

・性別によって控除額が異なる点
・事実婚状態でも適用となってしまっていた点
・未婚のひとり親には適用されない点

これは、ひとり親家庭の不公平を解消する観点から行われる改正とのことです。

中でも、今まで寡婦(夫)控除の対象外であった未婚のひとり親が適用可能となるため
これまでは適用できないと考えていた方への周知が必要かと思います。

この改正は、所得税が令和2年分から、個人住民税が令和3年分から適用されます。

なお、合計所得金額が500万円以下の場合に適用という点については、変更なしです。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 丹澤 at 15:00 | Comment(0) | 日記

2020年02月14日

小規模企業事業承継支援補助金


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の山中です。


港区が実施している小規模企業事業承継支援補助金についてご説明させて頂きます。


こちらの制度は港区内で事業をされている小規模事業者が、
円滑に事業承継できるように、経営基盤を強化するための設備更新等に要する
経費の一部を助成して頂けるものとなっております。


補助対象者は以下の要件を満たす事業者になります。

・港区内で20年以上同一の事業を営んでいること

・おおむね3年以内に事業承継を予定していること

・下記の業種の小規模事業者であること
※従業員数20人(卸売・小売業、サービス業は5人)以下の企業
 E:製造業
  全ての業種
 I:卸売・小売業
  61 無店舗小売業を除く全ての業種
 M:飲食サービス業
  全ての業種
 N:生活関連サービス業
  78 洗濯・理容・美容・浴場業


対象事業については、事業を承継するために不可欠な次の設備の更新等になります。

・法廷耐用年数をおおむね過ぎた設備の買替え

・設備の大規模修繕

・経営革新のための新たな設備購入


対象設備については、事業の経営基盤強化又は経営革新に必要な50万円以上の
機械・装置等で区内の自社内に設置される設備(事務機器、通信機器、家具等は含みません。)
になります。


補助金額については、対象経費の1/2で、上限が300万円となっております。


その他の条件として、予め経営相談により事業計画書を作成し、提出することが必要となります。


港区内の小規模事業者様で、事業承継をご検討されている方については、是非ご活用ください。
( https://www.minato-ala.net/guide/hojyo/shienhojyo.html )



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 山中 at 19:46 | Comment(0) | 日記

2020年02月11日

トルコランプ


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


こんにちは^ ^

税理士法人 入江会計事務所の丹澤です。


最近は陶芸やグラスなど、様々なワークショップが
気軽にできる場所が多くありますね^ ^

その中で、ふと見つけた「トルコランプ」のワークショップが
以前から気になっており、先日ランプ作りを体験してきました!

どのようなデザインにするか、色はどのように組み合わせるかなど
悩みながら作ったものがこちらです!

写真1.jpeg

写真2.jpeg

点灯時と消灯時とでは色の見え方が違うため、
完成品を想像しながら作ることが意外と大変でした。

沢山のデザインと色の中から選ぶので、本当に悩みましたが
トルコランプの定番の色とデザインにしました^ ^

ガラスやビーズを貼った後、石膏を流し込む作業があるそうですが、
その作業はお店の方がやってくださいます。
石膏を流し込んだ後、最終的にはこんな風に仕上がりました!

写真3.jpeg
 
石膏を流した後はまた少し雰囲気が変わります。

部屋に飾っていますが、明るい色にしたので毎日元気をもらっています^ ^

自分の考えた色とデザインのものを作ることができる楽しさはもちろん、
作業に没頭できるのでリフレッシュにもなりました!



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 丹澤 at 10:00 | Comment(0) | 日記