2019年09月24日

ブルーパブ


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


こんばんわ

入江会計事務所 米田です

最近、スーパーなどで、クラフトビールをよく見かけます。

以前はちょっとこだわったお店などでしか見かけかなかったようなものも
大きいスーパーだったら置いてあるようになりました。

消費者の中で、クラフトビールがかなり市民権を得てきたのかなと思います。

実際、2015年にはキリンビールが
クラフトビール醸造所を併設した店舗を出しており市場は大きく伸びているようです。

drink_beer_jouzou.png

少し調べてみたのですが、今、小規模なビール醸造所が全国で400軒程度あるようで、
そのうち2018以降に開設されたものだけでも100件を超えるそうです!

このことからも、近年の人気ぶりが伺えますね。

上述のキリンビールの様に
醸造所と店舗を併設したお店をブルーパブ(brew pub)と呼ぶそうなのですが、
このようなお店もどんどんと増えているそうです。

お店と同じ場所で、ビールを作り、そのまま提供できるためビールの劣化がなく、
またそのお店ならではのオリジナルビールなどを楽しめることが人気の理由のようです。

そういったお店では、ビアフライトと呼ばれる通常よりも量が少なめのグラスで
数種類のビールをセットで提供する飲み比べセットや
外国風なパイント(イギリスで568ml)での注文などが可能で、
ビール好きが大ハマリする要素が沢山取り入れられています。

私もお気に入りのお店を見つけて、好みにあったクラフトビールを
パイントグラスでゴクゴク飲んでみたいとおもいました。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 米田 at 18:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。