2019年10月20日

義援金と税金


港区の税理士 会社設立は入江会計事務所


こんにちは。

税理士法人 入江会計事務所の丹澤です。

連日、台風19号の影響で被災された地域のニュースを見て胸が痛みますが、
皆様はご無事でしたでしょうか。

以前、ご自身が被災した場合には「災害減免法」という制度が
あることをお伝えしました。

今回は、被災地へ義援金をおくる際の税金の控除についてご説明します。

個人の方が地方自治体へ義援金をお送りになった場合、
「特定寄附金」となり寄附金控除の対象となります。

寄附金控除の金額は以下のように計算します。

下記のいずれか低い金額-2千円=寄附金控除額

・その年に支出した特定寄附金の額の合計額
・その年の総所得金額等の40%相当額

また、控除を受けるためには確定申告が必要となり、
寄附の際に届く受領証が必要となります。

ふるさと納税として義援金をおくった場合で、「ワンストップ特例制度」の
申請条件を満たす場合には確定申告の必要はありません。
ただし、寄附の都度各地方自治体への書類提出が必要となります。

ワンストップ特例制度 https://www.satofull.jp/static/onestop.php


今回の台風で自然の怖さを改めて感じました。

幸いにも私の自宅近くでは大きな被害はありませんでしたが、
少しでも被災された方の助けになる行動ができればと思います。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 丹澤 at 10:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。